【 】内は設定キーワード)
この世界とは異なる体系の科学が、倫理を無視して実験し続けられる【機電魔界】
そこにさらわれたきみは、脳を徹底していじくられた。 同様に改造されたものたちは、次々に頭部を破裂させて死んでいった。 だが、きみは違った。 見た目は常人となんの変わりもない。 しかし、きみは念じただけで【電磁力操作】ができる超能力者なのだ。
解放後、テレポート能力者である友人によって異界を脱出した。 きみは、現世では自分が1週間しか不在でなかったことを知る。 日常には、なんなく溶け込めなおせたが、世界にはなお戦いが満ちている。【家族と友人】をまきこまぬよう、きみは戦う。

1) 妹と両親は健在。きみが行方不明だったことは、記憶操作で忘れている。
2) ごくふつうの高校生の小遣い程度なら自由になる。

1)大規模【電磁力操作】
  電気と磁気を念じるだけで自由にあやつる。 金属を、瞬時にマッハまで加速させたり、10個程度までなら複雑な軌道でコントロール可能。 最大で10トン程度まで支えられる。
2)微細【電磁力操作】
  赤血球のヘモグロビンをあやつって血流を操作したり、電子機器を手を触れずに操れる。
3)【電磁気感知】
  金属の接近を知ったり、パソコンのハードディスクの内容を触れて読み取ったりできる。
 
イラスト:祁島セロ